看板リニューアル

色々と手伝ってもらってようやく看板完成。
端材利用で作ってみたけど、どれだけもってくれるかな。
ともかく、これでジムが営業中かどうかわかるはず。
これが出てるときは営業中、出てないときは閉まってます。
そんな具合でよろしくお願いします。

July

Les Compagnons de la peur – The Companions Of Fear (1942)

7月です。
Rene Magritteカレンダーの絵も変わり、120度から135度壁のホールドも変わりました。
ホールドチェンジ、次は155度壁からその隣の薄被りです。
7/29(月)と30(火)での作業です。
今月もどうぞよろしくお願いいたします。

追伸:今月の絵の解説を見つけました。こちら↓(他にもきっとあります)。
http://www.surrealists.co.uk/viewReviewSingle/60/

Mr. Henry

開店祝いに頂いてから10年間の長老、Mr.Henry。
これまで二、三回しか壊れていない頑丈で信頼おける働き者ですが、
しかし、10年もすればやはり傷みもしますわね。
ちょっとの間、修理の入院となりました。
いわゆる掃除機という単なる家電ですが、愛着が湧いちゃって困る。

mamiya 現像上がり

マミヤで撮った写真の現像が上がってきた。

ふ~ん、暗すぎたねぇ…。そうかぁ。

フィルムの楽しいところは、実はここ。ですよね⁈
少なくとも、私のフィルムの楽しみ方はそうなのです。
思ったようには100%できてこない、何とも言えないこの心くすぐる悔しさ。
それから、意外なものが出来上がってくる面白さ。
当然、趣味だからという気楽さですね。きっと。

次回は、もう少しこましなものが撮れるように。
ほんとに?

看板

ずっと壊れてそのままにしてた看板の作り直しについに着手です。
上手く行くと大変うれしいのですが…。
どうなることやら。
楽しみ半分、不安半分。

June

Le Mal du pays – Homesickness , Magritte (1941)

六月です。
カレンダーも変わりまして…。

今月は、6/30(日)が短縮営業で18時までの予定です。
7/1(月)、2(火)がホールドチェンジで休業です。
120度壁から135度壁が変わります。

Mamiya RB67

massive!

何かとヘルプしていただいてるいつものUP氏に借りたマミヤ。
何か、どこかしら愛嬌があるなと思う。
象とかカバとか。スロー、頑丈、安心。
しかし、最後はどのみち撮る人の腕が問題。
まずはお互い慣れるとこから行こう、マミヤくん。

Two Books

ex libris Ruka ra Ghaam

今年はこういった本も読もうと。
最近読み終えた2冊。
トモ・チェセンのローチェ南壁は色んな意味で深く考えさせられる。

さて、次は何にしよう。

『ラインホルト・メスナー自伝 自由なる魂を求めて』R.メスナー著/松浦雅之訳(TBSブリタニカ)1992年
『孤独の山 ローチェ南壁単独登攀への軌跡』トモ・チェセン著/近藤等訳(山と渓谷社)1998年

いずれも2Fの書棚にあります。
興味のある方はどうぞご覧ください。